平成29年度 産総研 国際標準推進戦略/NEDO 出口戦略シンポジウム

つながり拡がり加速する「来るべき世界」の出口戦略へ

~コネクテッド・インダストリーズ、IoT、AIによる新価値創出社会に向けて~

平成29年12月1日

東京・イイノホール

コネクテッド・インダストリーズ、IoT、AIなどの導入、発展により、これからの社会のあり様は、大きく変化していこうとしています。

本シンポジウムは、つながり拡がり加速する「来るべき世界」(コネクテッド・インダストリーズ、IoT、AIによる新価値創出社会)の出口戦略をテーマに、昨年度に引き続き産総研国際標準推進戦略シンポジウムと合同で開催し、関係各方面の第一線で御活躍中の方々をお迎えして、産総研、NEDO及び産業界における取組を紹介するとともに、「新価値創出社会」への展望と戦略の方向性について討論を行います。

これらのプログラムを通して、産総研・NEDO・産業界それぞれの戦略と国際標準化や知財の方向性を理解するとともに、三者のより強固な連携体制の構築を目指します。

お申し込みはこちら

開催日時・場所

日時
平成29年121日(金) 13:00〜17:30
場所
イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1)
定員
500名参加費無料<定員になり次第、終了いたします>
主催

国立研究開発法人 産業技術総合研究所

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構/モノづくり日本会議

事務局
モノづくり日本会議(日刊工業新聞社)
後援(予定)
経済産業省、一般社団法人 日本経済団体連合会、独立行政法人 製品評価技術基盤機構
協賛(予定)
一般社団法人 日本規格協会、一般社団法人 日本知的財産協会、基準認証イノベーション技術研究組合

プログラム(敬称略)

開会挨拶

13:00

13:05

新エネルギー・産業技術総合開発機構 理事長

古川 一夫

基調講演

13:05

13:35

IECにおける国際標準化活動

前IEC会長、パナソニック 顧問

野村 淳二

13:35

14:05

人工知能は天使か悪魔か ~人類とAIの近未来

感性リサーチ 代表取締役社長

黒川 伊保子

14:05

14:20

Connected Industriesの実現に向けた国際標準化戦略

経済産業省 産業技術環境局 基準認証政策課長

萩原 崇弘

取組紹介

14:35

14:55

コネクテッド・インダストリーズに向けたスマート製造に関する産総研の取り組み

産業技術総合研究所 製造技術研究部門 副研究部門長

加納 誠介

14:55

15:15

IoT活用による価値創出を実現する技術開発と標準化への取組

新エネルギー・産業技術総合開発機構 技術戦略研究センター 電子・情報・機械システムユニット ユニット長

情報処理学会 情報規格調査会委員長

伊藤 智

15:15

15:35

ジェイテクトが提案する「人が主役のスマートファクトリー」

ジェイテクト 技監(工作機械・メカトロ事業本部 IoE推進室担当)

青能 敏雄

15:35

15:55

5Gの最新動向とコネクテッド・インダストリーズへの活用

NTTドコモ R&Dイノベーション本部先進技術研究所5G推進室室長

中村 武宏

15:55

16:15

Connected Industriesを加速させるIBM Cognitive Manufacturing

日本アイ・ビー・エム ソフトウエア事業 技術理事

グローバル・エレクトロニクス・インダストリー CTO

山本 宏

パネルディスカッション

16:25

17:25

「新価値創出社会」への展望と戦略の方向性

モデレータ
新エネルギー・産業技術総合開発機構アドバイザー
東京大学政策ビジョン研究センター シニアリサーチャー 小川 紘一
パネリスト
黒川 伊保子 青能 敏雄 中村 武宏 山本 宏 加納 誠介 伊藤 智
閉会挨拶

17:25

17:30

産業技術総合研究所 副理事長

三木 幸信

交通アクセス

  • 東京メトロ 「霞ケ関」駅
  • C4出口直結 または B2出口徒歩5分
  • 東京メトロ 「虎ノ門」駅
  • 9番出口徒歩3分
  • 東京メトロ 「桜田門」駅
  • 5番出口徒歩10分
  • 都営地下鉄「内幸町」駅
  • A7出口徒歩3分
  • JR(山手線・京浜東北線等)・都営地下鉄・ゆりかもめ 「新橋」駅
  • 徒歩10分

>>アクセス&周辺マップ

お問い合わせ

モノづくり日本会議(日刊工業新聞社)

〒103-8548 東京都中央区日本橋小網町14-1

TEL: 03-5644-7608 FAX: 03-5644-7209

E-mail: monodzukuri@media.nikkan.co.jp